肥満が不妊の原因になることはご存知の方も多いでしょう。しかし実は痩せすぎもだめなのです。生命を維持していくのが最優先で生殖機能が後回し、もしくは生殖機能がストップしてしまう可能性も高いのです。そのため無理なダイエットはやめましょう。

痩せすぎは妊娠しづらいって本当!?理想の体重を目指すには?

肥満が不妊の原因になることはご存知の方も多いでしょう。

 

しかし実は痩せすぎもだめなのです。
生命を維持していくのが最優先で生殖機能が後回し、もしくは生殖機能がストップしてしまう可能性も高いのです。

 

そのため無理なダイエットはやめましょう。

 

痩せすぎと妊娠って関係あるの

 

女性は体重を気にするあまり食事を抜いたりする無理なダイエットをしてしまう方が非常に多いです。

 

確かに太りすぎも不妊の原因にはなりますが痩せすぎも女性ホルモンの分泌がストップしてしまうのでよくありません。

 

万が一ダイエットの必要があるとしても、急激に短期間で落とすのは非常に危険ですし、リバウンドする可能性があります。

 

そのため、目安としては月に1キロから2キロ程度ののんびりした落とし方が理想でしょう。

 

また体重ばかりにとらわれず、体脂肪など全体のバランスを考えるのも大事です。

 

食事抜き、炭水化物抜きダイエットはおすすめできません。
間食を減らしつつ、運動を増やしたり、ダイエットに効果のあるサプリやお茶を補助的に使ってみるのがいいですね。
食事だけでは基本的にすぐに落ちませんし、失敗がどうしても多くなります。

 

どうやって体重を落としたらいい?

 

まずは食物繊維や酵素、乳酸菌といった腸内環境を整えるものをプラスしてデトックスしてみましょう。

 

ストレスがたまらないように、太りにくい間食も用意してみてください。
たとえばくるみやするめ、ガムといったよく噛むようなものを準備してみるといいですね。

 

ルイボスティーや黒豆茶のように自律神経を整えながら、空腹感も少し抑えることができるお茶を活用するのもいいでしょう。

 

 

たんぽぽ茶はホルモンバランスを整える作用もあり、ノンカフェインなので利用する方も多いですね。
自分なりに飲みやすいハーブティーを探してみましょう。

 

痩せすぎの状態が続くと無月経、無排卵、悪化すると卵子の老化も加速してしまうので注意してくださいね。

 

ダイエットはできたら出産が終わって落ちついてから取り組むのが理想的です。

 

病院にダイエット方法を聞いてみてもいいですし、最近話題の高カカオチョコレートなどを利用してもいいかもしれません。
カカオ70%以上のチョコはダイエットの強い味方になってくれます。

 

嗜好品の指導も病院でしてくれますのでぜひ利用してください。