「ベジママ」の特徴的成分「ピニトール」って?

「ベジママ」の特徴的成分「ピニトール」って?

「ベジママ」の最大の特徴と言えば、「ピニトール」という成分が配合されているということです。

 

「ベジママ」が多嚢胞性卵巣症候群という女性特有の症状を改善させる働きがあるのは、この「ピニトール」のおかげです。

 

そこで今回は、「ピニトール」の効果について、ご紹介したいと思います。

 

「ピニトール」とは?

 

「ベジママ」の特徴的な成分である「ピニトール」は、日本ではあまり聞かれない成分かと思いますが排卵が起こりにくくなる多嚢胞性卵巣症候群を改善する効果がある成分なので、アメリカやヨーロッパなどでは、不妊治療に役立てられていたり、多くのサプリメントに用いられています。

 

ですので、多嚢胞性卵巣症候群でお悩みの方は、一度お試しになっていただきたい葉酸サプリです!

 

「ビニトール」が配合された葉酸サプリは、国内では「ベジママ」しかないかと思われます。

 

多嚢胞性卵巣症候群って何?

 

多嚢胞性卵巣症候群は、排卵障害と呼ばれることもあります。

 

文字通り、排卵に障害が引き起こされる女性特有の疾患ですので、多嚢胞性卵巣症候群になると排卵が起こりにくくなって、妊娠しにくくなります。
排卵障害は、不妊の原因の一つです。

 

多嚢胞性卵巣症候群(排卵障害)の治療は、排卵誘発剤を用いて、排卵を促す対症療法となります。

 

しかし、hMG-hCG療法という注射療法で、排卵を促した場合、お腹に水が溜まって膨れる卵巣過剰刺激症候群を引き起こす恐れがあります。
また卵巣が腫れるなどの副作用も生じる恐れがあります。

 

卵巣過剰刺激症候群が重症化すると入院治療が必要となってきますので、卵巣過剰刺激症候群のリスクを防ぐには、副作用の少ないクロミフェンという排卵誘発剤を投与して、排卵を促すことが大切です。
しかし、副作用が少なくなる分、効果も少なくなりますので、妊娠するのに時間がかかることがあります。

 

このような治療は、お金もかかりますし、何より、これから妊娠しなければいけない大切な身体にダメージが及ぶ恐れがあります。

 

多嚢胞性卵巣症候群の治療による副作用で、益々、妊娠しにくくなってしまうのは、嫌ですよね。

 

また多嚢胞性卵巣症候群の治療はあくまで排卵を促す為だけの対症療法となりますので、多嚢胞性卵巣症候群が完全に治るというわけではありません。

 

多嚢胞性卵巣症候群とベジママの関係は?

 

「ベジママ」には、多嚢胞性卵巣症候群自体を改善させると言われる「ピニトール」が配合されています。

 

多嚢胞性卵巣症候群の症状は、排卵が起こりにくくなることで、生じる生理不順、無月経、無排卵月経以外にも男性的特徴が生じる、体重が増える、月経過多などの女性にとっては厄介な症状が起こる事もありますので、多嚢胞性卵巣症候群でお悩みの女性は、是非、摂取してみてくださいね!

 

多嚢胞性卵巣症候群の原因は、未だはっきりと分かっていません。
しかし、糖代謝の異常だとする説がありますので、多嚢胞性卵巣症候群の人が妊娠すると妊娠糖尿病にかかりやすくなると言われています。

 

 

「ピニトール」には血糖値を下げて、妊娠糖尿病を予防してくれますので、特に多嚢胞性卵巣症候群の人は、妊娠する前から積極的に「ベジママ」を摂取することをオススメします。

 

近年、20人に1人の割合で多嚢胞性卵巣症候群の患者が増加していると言われていますが多嚢胞性卵巣症候群の症状は、多嚢胞性卵巣症候群になっていない人でも起こる場合がありますので、自分が多嚢胞性卵巣症候群であることには気づきにくいですので、早期発見・早期治療が出来ない場合があります。

 

だからこそ、いつでもどこでも素早く手軽に摂取出来る「ピニトール」という多嚢胞性卵巣症候群を改善してくれる成分が含まれた「ベジママ」の摂取がオススメです。

 

「ベジママ」の「ビニトール」の力で、多嚢胞性卵巣症候群を改善し、不妊からのお悩みとさよならしましょう!

 

ピニトールをサプリで摂るならベジママがおすすめ!