ベジママの魅力を解説します!

ベジママの魅力を解説します!

赤ちゃんを授かりたいと考えている方に是非お試しになっていただきたい葉酸サプリメントが「ベジママ」です。

 

「ベジママ」には、葉酸はもちろんですが妊活や不妊をサポートしてくれる成分がたくさん配合されているのが魅力です。
特にベジママには「ピニトール」という妊活成分も配合されていますので安心して飲むことができます。

 

そこで今回は、赤ちゃんを授かりたい!と願う方の為に「ベジママ」の魅力について、ご紹介しましょう。

 

ベジママの魅力をご紹介!

 

「ベジママ」をおすすめするのは、妊活・不妊に取り組んでいる方中心です。
その為、妊活中の方、不妊でお悩みの方に特にオススメの葉酸サプリです。

 

今までずっと葉酸サプリを飲んできたけでど、思うように効果を得られなかったという方は、「ベジママ」を試しみる価値あると思います!

 

私が「ベジママ」をおすすめしたい、他の葉酸サプリと比べて優秀なところは、以下にあります。

 

モノグルタミン酸型の葉酸

厚生労働省が妊婦に推奨する400ug(1日に必要な量)のモノグルタミン酸型の葉酸が入っています。
モノグルタミン酸型の葉酸は、体内吸収率が高いので、より妊娠力がアップするでしょう。

 

ビタミンEが入っている

ビタミンEには、優れた抗酸化作用がありますので、卵子の老化を防いでくれます

 

特に30代、40代になると卵子の老化は進みますので、妊娠しにくくなることがありますので、活性酸素を除去して、卵子を若々しく保ってくれるビタミンEは、妊活中の人、不妊症の人には重要な栄養素です。

 

活性酸素が除去されると血液の流れが良くなりますので、冷えが改善されることで、子宮、卵巣の血流量もアップしていきます。
結果、子宮や卵巣の機能が高まって、妊娠力がアップします。

 

なかなか妊娠しないという方の中には、冷えによる血行不良が原因となっている場合がありますので、まずはサプリで、手軽&気軽に不妊を改善してみることをオススメします。

 

ちなみに活性酸素が除去されれば、アンチエイジング効果も同時にGET出来ちゃいますよ♪

 

またビタミンEには、ホルモンバランスを整える作用もありますので、子宮内膜を厚くし、受精卵が着床しやすい子宮に整えてくれたり、生理不順、肌トラブルを改善してくれます。

 

このようにビタミンEは、妊娠ビタミンと言われている程、不妊症、妊活中の方に大変、有効です。「ベジママ」にはそんなビタミンEが推奨量入っています。

 

ピニトールが入っている

 

そして、「ベジママ」の最大の特徴的成分と言えば、ピニトールです。
ピニトールは、多嚢胞性卵巣症候群という女性特有の疾患を改善させると言われる成分です。

 

多嚢胞性卵巣症候群になると排卵が起こりにくくなるので妊娠しにくくなります。
アメリカ、ヨーロッパでは、ピニトールを用いたサプリや不妊治療が盛んに行われているのですが日本ではまだ広く行われていないのが現状です。

 

ですので、「ベジママ」を摂取して、多嚢胞性卵巣症候群を改善させ、妊娠力をアップさせていきましょう!

 

多嚢胞性卵巣症候群は、月経不順や無月経、無排卵月経などの不妊に関わる症状だけでなく、声が太くなったり、剛毛になる、ニキビが増える、体重が増加するなど、女性にとっては深刻な症状が起こることもありますので、是非、改善・予防したいところですよね。

 

しかし、多嚢胞性卵巣症候群になっていなくても上記の症状は、起こる事がありますので、多嚢胞性卵巣症候群になっていても気づけない人が多くいると言われています。

 

近年、多嚢胞性卵巣症候群になる女性は増加傾向にあり、20人に1人の割合で多嚢胞性卵巣症候群になると言われています。
残念な事に多嚢胞性卵巣症候群の原因は不明なので、治療法が確立していません

 

排卵が起こるように病院で、排卵誘発剤を用いる一時的な治療のみとなります。
排卵誘発剤は、副作用が起こる場合がありますので、安心安全に多嚢胞性卵巣症候群を改善させる為にもピニトールが含まれている「ベジママ」がオススメです。

 

ベジママは試してみる価値ありなサプリです!

 

 

このように「ベジママ」は、妊活や不妊に特化した優秀な妊活サプリです。

 

妊活サプリとして、葉酸やマカのサプリを利用するのも良いですが効果が実感できない場合、是非、一度「ベジママ」をお試しになってみましょう。

 

「ピニトール」が含まれる葉酸サプリは、「ベジママ」だけだと思いますので、排卵しにくい症状がある場合、多嚢胞性卵巣症候群を一度疑ってみて、「ベジママ」生活をスタートさせてみましょう。