ベジママのデメリットって?

ベジママのデメリットって?

多嚢胞性卵巣症候群や妊娠糖尿病を改善したり、不妊、妊活をサポートしてくれるとして、多くの女性に人気の葉酸サプリ、「ベジママ」ですが「ベジママ」には、デメリットはないのでしょうか?

 

 

そこで今回は、「ベジママ」のデメリットについて調べてみました。

 

ベジママにデメリットはある?

 

「ベジママ」は、メリットばかりで、デメリットなんてないのでは?と思う方も多くいるかと思いますが「本当に完璧なサプリなんてない!ベジママにも何かデメリットがあるはず」と、「ベジママ」のデメリットについて気になっている人も多いかと思います。

 

そこでいくつか「ベジママ」のデメリットを挙げてみたいと思います。

 

値段が高い

「ベジママ」は、確かに良い葉酸サプリメントです。

だからこそ、値段が高いという欠点があります。

 

1日分で計算した場合、安価なサプリと比較すると100円も高くなります。
1日分で計算した場合、他の高いサプリと比較しても「ベジママ」の方が20円くらい高いのです。

 

もちろん安ければ良いというわけではありませんが葉酸サプリは妊娠前~妊娠中までと(出産後、しばらくまで必要となる場合もあります)長期間、飲み続けなければいけませんので、出来るだけ安い方が嬉しいですよね。

 

値段が高い=高品質であるということですので、仕方ないのかもしれません。

 

匂い&味が独特

「ベジママ」の最大の特徴である「ピニトール」という成分のせいか、匂いと味が草っぽくて、独特です。

 

粒は大きくはありませんが薬草のような匂いと味がダメな人には向いていないかもしれませんね。

 

カルシウム&鉄が入っていない

妊活中は、いつ妊娠しても良いように葉酸サプリを摂取しているという女性は多くいるかと思います。

 

妊娠するとお腹の赤ちゃんに多くのカルシウムと鉄分が奪われてしまいますので、妊婦さんはどうしてもカルシウム、鉄分が不足しがちになります。

 

カルシウムが不足するとイライラしたり、骨や歯が弱くなりますので、骨粗しょう症や虫歯になりやすくなります。
鉄分不足は、貧血を招くというのは有名ですね。

 

妊娠中は、お腹の赤ちゃんへの影響を考えると薬を用いて、症状を改善するという事も難しくなりますので、是非、妊活中にカルシウム、鉄を積極的に摂取していきたいところです。

 

しかし、「ベジママ」には、他の葉酸サプリに配合されているカルシウムと鉄分が入っていないのです。

 

「ベジママ」の言い分では、カルシウムや鉄分は、普段の食事から十分摂取可能な栄養素なので、入れていないとのことですので、妊婦さんが毎日、摂取する葉酸サプリとしては、少し物足りなくなるでしょう。

 

一概にデメリットともいえない?

 

 

このように「ベジママ」にもデメリットがあります。

 

しかし、「ベジママ」には、他のサプリと比較すると女性ホルモンバランスを整えて、生理不順を改善してくれたり、活性酸素を除去して、卵子を若々しく保ってくれるビタミンEが推奨量を満たす分、入っていますし、プロゲストロンを増加してくれるビタミンB6もしっかり入っていますので、不妊でお悩み方や妊活中の方には、大変、良いサプリではないかと思います。

 

匂いと味に関しては、個人差がありますので、一概にデメリットとは言えないかもしれませんね。
草っぽい匂いや味が好きと言う方もいますし・・・。匂いや味に慣れれば、気になりません

 

また飲みやすくするには添加物を入れなくてはいけなくなりますので、逆に身体に優しいサプリと言えるかもしれません。

 

購入したけど、やっぱり上記のデメリットがどうしても引っ掛かってしまう・・・となってしまった場合、初回に限り、全額返金保証を受ける事が出来ますので、是非、利用してみましょう。

 

無期限で返金可能ですので、まずは一度気軽にお試しになってみると良いでしょう。
また初回限定で、安く購入出来ますので、良いですよ。