流産後の妊活にも「ベジママ」はおすすめ!

流産後の妊活にも「ベジママ」はおすすめ!

流産したあとは早く次の妊娠をと焦る時期ではあります。

 

しかし、こんなときこそベジママを使って体の回復をしっかりしてからステップアップを目指したいですね。

 

医師の指導を受けながら丈夫な子宮を作っていきましょう。

 

流産後はホルモンバランスが崩れてしまう

 

流産した直後は基礎体温も安定せず、ホルモンバランスが崩れてしまうので更年期障害のようなのぼせや体調不良が続くことがあります。

 

最初の生理もすぐ終わってしまうのが普通で、できれば生理は3回程度見送ってから次の妊娠を考えるのが理想的です。

 

個人差はもちろんあるものの、子宮が元の状態に戻るには時間がかかります。

 

人によっては半年、また1年以上かかる場合も。
そんな時の体力回復にもぜひベジママを利用してください。
葉酸やピニトールはこんな時の体調不良も整えてくれます。

 

まずは冷え性の改善や生活習慣を整えましょう

 

ホルモンバランスを整えるためにはやはり冷え性を改善していくことがポイントになります。

 

もちろんサプリに頼るだけでなく、普段からの生活習慣を整えていくことだって大事ですよ。

 

体が冷えてしまうと頭痛や生理痛の原因ともなりますので、温かい飲み物や根菜類を取りながら、適度な運動やストレッチを取り入れていきましょう。

 

この冷え性を改善できないと流産や早産を繰り返してしまうので、まずは体を温めて基礎体温を安定させることに重点を置きましょう。

 

そうすれば医師から次の妊娠をと指示が出るはずです。
無理のない程度にダイエットしてみるのもいいですね。

 

夫婦のメンタルケアも大切です

 

 

またメンタルケアも考えていきたいですね。

 

流産後は夫婦両方とも少なからず傷ついているはずです。
焦ってすぐに次の子供をというのではなく、少し妊活をお休みしてリフレッシュしてみるのもおすすめです。

 

医師からお休みしてはとアドバイスされることもあります。

 

その際はいったん息抜きをして好きなものを食べに行ってみたり、レジャーを楽しんでみるのも気持ちの切り替えになっていいでしょう。

 

いろんな意味でリフレッシュできたら次の妊活をスタートしましょう。

 

ベジママも気分が悪い時は無理に飲まなくてもかまいません。
どんなに対策を練っても流産になることもありますし、自分のペースで取り組むことが大事です。