妊活中に葉酸サプリを飲まないとダメな理由とは?

妊活中に葉酸サプリを飲まないとダメな理由とは?

妊活中には葉酸サプリをとよく言われると思います。

 

葉酸は食事からも摂取可能ではありますが、水溶性ビタミンのため半分程度しか吸収できません。

 

そのため必要量を確保するにはサプリで補充する必要があります。

 

サプリ以外のものじゃダメなの?

 

サプリを飲むのは面倒、どのサプリがいいかわからないという方も多いでしょう。
しかし、葉酸は食事だけでは摂取するのは難しいものです。
水溶性のため、料理すると煮汁の中に溶けてしまって十分に栄養摂取できないのです。

 

生のフルーツを食べたり、青汁を飲めばいいかもしれませんが、フルーツの場合、食べすぎるとカロリーオーバー、糖質の取りすぎが心配です。

 

では青汁ならばと思うかもしれませんが、青汁も中に入っている成分によっては葉酸が少ないものもありますし、飲みすぎると副作用が発生してしまうことも。

 

青汁には葉酸以外にも様々な成分が入っています。
食物繊維やカリウムでデトックス作用が強いため、飲みすぎれば当然下痢や腹痛を起こします。

 

またビタミンAやEといったものも含まれており、こちらも過剰摂取は嘔吐、頭痛、発疹を起こすことがありますので取りすぎに注意したいですね。

 

そのためこういった副作用を考えれば不足しているものはサプリで補充するのが一番安全といえますね。

 

もちろんサプリも過剰摂取しては意味がありませんので、1日の摂取量はきちんと守ってください
飲み忘れても2回分をまとめて飲まないのが大事です。

 

サプリも自分に合うものを選びましょう

 

 

また葉酸サプリを選ぶ際も内容成分を確認してから自分の体質に合うものを選びましょう
たとえ天然成分であっても体質に合わないケースもあります。
たとえば大豆アレルギー乳製品のアレルギーなどです。

 

葉酸そのものにはアレルギーがなくても一緒に配合されているものでアレルギー物質がないか確認は必要です。
カルシウムや乳酸菌配合であれば乳製品由来の可能性もあります。

 

購入前にメーカーのホームページで全成分表示を確認するか、わからない際は問い合わせて聞いてみるのが無難ですね。