ベジママの安全性は大丈夫!?

ベジママの安全性は大丈夫!?

ベジママは国産ピニトールを使用していますので安全性については問題ないと思います。

 

若干添加物がありますが、どうしても無添加がいいという方は別のサプリも検討してみてはどうでしょうか。

 

気になる方は全成分を確認してから購入しましょう。

 

材料や添加物は安全?

 

ベジママで使用されているアイスプラントは国産のものです。

 

自社工場で栽培されているものですから安価な海外製品に比べれば安全性が高いといえます。

 

 

その他に気になるといったらやはり添加物でしょう。
ベジママの添加物をチェックしてみましょう。

 

還元麦芽糖水飴

別名マルチトールと呼ばれる人工甘味料です。
ベジママは若干味に苦みがあるのでそれを緩和する(飲みやすくする)目的で入っています。

 

原料はとうもろこしやじゃがいものでんぷんです。
一度に大量に摂取するとおなかが緩くなりますが、普通に飲んでいる分には心配ありません。

 

デキストリン

食物繊維です。
とうもろこし由来の水溶性食物繊維ですが、血糖値の上昇を抑えたり、お通じをよくする効果があります。
こちらも過剰摂取すれば下痢します。

 

結晶セルロース

樹木などパルプ原料になるものを加工したものです。
不溶性食物繊維でコレステロールを体外に排出するのでダイエットサプリに使われることもあります。(デトックス効果

 

ベジママの場合は錠剤を固めるのに使用しています。
副作用などは報告されていません。

 

ステアリン酸Ca

乳化剤
原料を混ぜるときに使います。

 

ヤシ油か綿実油が原料ですが、純度の低いものはアレルギーの原因になるものも。

 

バントテン酸Ca

糖質、脂質の代謝アップ、抗ストレス効果。

 

ビタミンB群であるパントテン酸とカルシウムを結合させたもので栄養強化のために入っています。

 

添加物を摂取しても大丈夫なの?

 

 

ベジママに含まれている添加物はさほど気にするようなものではないように思えます。大量に摂取しない限り、副作用も心配ないものです。

 

もちろんどうしても無添加がいいという方にはおすすめできないので気になる方は無添加サプリを探してください。

 

ただし、無添加と書いてあっても体に害のある成分がさりげなく入っている場合もあるので心配な方は全成分表示で必ずチェックが必要です。

 

また天然成分サプリであっても体質に合わないこともあるので注意して選びたいですね。
自分にアレルギーがあるかわからない場合は皮膚科でチェックしてもらうこともできます。