ベジママが妊娠初期にもおすすめの理由とは?

ベジママが妊娠初期にもおすすめの理由とは?

ベジママ,妊娠初期,おすすめ

ベジママは、妊活中の方に特に人気のママ活サプリです!

 

もちろん、葉酸もしっかり配合されていますので、妊活中はベジママを飲むだけで、食事の不足分の栄養を十分に摂ることができます。

 

そんなベジママですが、妊娠初期にもおすすめの葉酸サプリです。
また、それ以降(妊娠中期から)は、ベジママはおすすめできません。

 

ということで、まずは

  • ベジママはなぜ妊活中におすすめなのか?
  • ベジママはなぜ妊娠初期にもおすすめなのか?
  • ベジママはなぜ妊娠中期からはおすすめできないのか?

について解説していきます!

 

ベジママはなんで妊活中におすすめなの?

ベジママ,妊娠初期,おすすめ

ベジママは、なんで妊活中におすすめなのかと言いますと、理由はいくつもあるのですが、一番の理由は、新ママ活成分「ピニトール」が配合されているからです。

 

最近では、ピニトール配合のサプリメントも数は少ないですが出てきましたね。ですが、日本の妊活向けサプリメントに「ピニトール」を配合したのは、ベジママが一番最初です。

 

妊活には、「マカ」が良いなんて言われていましたが、今では圧倒的に「ピニトール」がおすすめです。今までは、マカや葉酸と他の栄養成分を配合し、ママの健康をサポートするサプリメントが多かったのですが、それだけでは不十分だったのです。

 

ベジママに配合されている「ピニトール」は、海外ではすでにママ活サプリメントとして、結構多くの方に利用されています。ところが日本では、「ピニトール」自体をまだまだ知らない人の方が多いと思います。

 

実は、妊活をしているのに、なかなか授かれないという方は、ピニトールを摂っていなかったからかもしれません。「ピニトール」が体内に入ると、「カイロイノシトール」という物質が生成されます。

この「カイロイノシトール」が足りないことがなかなか授かれない理由であると言われています。

 

ベジママはなんで妊娠初期にもおすすめなの?

ベジママ,妊娠初期,おすすめ

ベジママは、妊娠初期のママにもおすすめの葉酸サプリです。

 

ベジママには、よくある葉酸サプリには配合されている「鉄分」や「カルシウム」が配合されていません。実は、これがベジママが妊娠初期や妊活中にもおすすめの理由なんです。

 

妊活中や妊娠初期というのは、「鉄分」や「カルシウム」の1日の必要摂取量は、一般の人とほぼ変わりません。

妊活中 : 鉄分-6.5mg、カルシウム-600mg
妊娠初期 : 鉄分-9mg、カルシウム-900mg

 

「鉄分」や「カルシウム」というのは、個人差があると思いますが比較的普段の食事から摂取することができる栄養成分です。
そのため、それほど意識しなくても、1日に必要な摂取量は取れているはずです。

 

それなのに、サプリメントに「鉄分」や「カルシウム」が配合されいたら、余計に摂り過ぎてしまいますよね?
ですから、ベジママはママ活サプリという特徴から、これらの栄養成分は配合していないのです。

 

ベジママはなんで妊娠中期からはおすすめできないの?

ベジママは、妊活中から妊娠初期まではおすすめできるのですが、妊娠中期からはおすすめできません。

 

なぜベジママは妊娠中期におすすめできないのかと言うと、先ほどの逆ですが「鉄分」と「カルシウム」が配合されているからです!

 

妊娠中期に1日に必要な鉄分とカルシウムの量は、

妊娠中期:鉄分-21.5mg、カルシウム:900mg

と妊活中の3倍以上も必要になってきます。

 

さすがに、この量を食事からだけ毎日摂り続けるのは大変です。だから、サプリメントで足りない分を補う必要があります。

 

これが、ベジママを妊娠中期におすすめしない理由です。

 

妊娠中期におすすめの葉酸サプリは、「鉄分」「カルシウム」、そして他の栄養成分がしっかり配合されているものです!
私がずっと飲んでいたのは、こちらの葉酸サプリです!

 

妊娠中期におすすめの葉酸サプリはこちら

 

 

ベジママの良い口コミと悪い口コミを分析

ベジママはまだまだ口コミが少ないサプリです。取り扱いがほとんど公式サイトのため、まだ口コミサイトにも掲載がありません。

 

とはいっても返金保証があるので万が一合わなくてもすぐに解約できるのでその点は安心して注文できるでしょう。

 

公式サイトなどには体質改善ができる、ホルモンバランスが整ったといったいい口コミしか載っていません。これらは効果の感じ方に個人差がありますので実際に飲んでみないとわからない部分も多いと思います。

 

良い口コミについて

 

ピニトールで健康になった。生理不順も改善

ピニトールには確かに血糖値を下げ、ホルモンバランスを整える効果があります。

 

マカや通常の葉酸サプリだけではできない体質改善をすることで肥満予防、排卵障害を治していく効果が見込めます。人によっては冷え性が改善した、化粧ノリも良くなったという方も。女性だけでなく、男性にも効果があると思われますが、男性のクチコミがまだないので何ともいえない部分ですね。

 

返金保証や定期の縛りがないのがよかった

初回半額、無期限返金保証があるので初回の注文もしやすく、定期の縛りがありません。

 

いつでも解約できる点は評価できますが、解約や返金は本人確認のため電話のみ、平日の17時までなのでお仕事をされている方には厳しい条件かもしれません。

 

悪い口コミについて

 

においや味がどうしても気になる、つわりのときは無理

においや味に関してはある程度は添加物で抑える努力はしているものの、草っぽい味、苦みやすっぱさが気になるという意見が多いですね。

 

アイスプラント特有のものなのである程度は仕方がないかもしれませんね。

 

効果を感じなかった

効果が出るのに時間がかかる点はある意味仕方ないかもしれません。

 

効果がでないという人は1本飲んであきらめてしまった人が多いようです。

 

どんなサプリにしてもそうですが、最低でも3か月くらいは体質改善には時間のかかるものなので焦らず飲んでいきましょう。

 

女性にも男性にも効果の期待できるピニトールですが、まだまだ口コミも少ないので本当に効果があるかは個人差があるとしか言えないですね!鉄分やカルシウムは入っていないので、妊娠中は他のサプリを用意した方がいいと思います。

 

サプリが苦手な方はルイボスティーや青汁など自分が飲みやすいものを利用するのもいいですね。

 

ベジママの添加物って大丈夫?副作用の心配は?

誰でもサプリの添加物って気になると思います。ただし、ベジママに含まれている添加物は一般的なサプリにはよく入っている成分なのでそれほど副作用の心配はいらないものです。

 

過剰摂取でもしない限りは、それほど気にしなくても良いと思います。

 

ベジママには3種類の添加物が配合

ベジママに含まれている添加物は3つです。還元麦芽糖水飴、セルロース、ステアリン酸Caです。
この3つはどんなものか見ていきましょう。

 

還元麦芽糖水飴

還元麦芽糖水飴は、トウモロコシやじゃがいも由来のもので、別名マルチトールと呼ばれています。

 

シュガーレス甘味料で、砂糖よりもカロリーが低い、虫歯になりにくいものです。天然由来なので合成添加物とは違うという意見もあります。

 

ベジママはアイスプラント特有の苦みがあるのでそれを抑える目的で入れていると思われます。たくさん摂取するとおなかがゆるくなりますが、普通に飲む分には問題ありません。

 

セルロース

セルロースは、不溶性食物繊維です。
錠剤を固めるときに使います。

 

ステアリン酸Ca

ステアリン酸CaのCaは、栄養成分のカルシウムとは異なります。

 

パーム油やヤシ由来の飽和脂肪酸で乳化剤として化粧品にもよく使用されています。大量摂取すれば内臓脂肪を増やしたり、コレステロールが上がってしまいますが、通常使用であればさほど心配はいらないと思います。

 

これらの成分は、サプリや化粧品、食品など幅広い分野で使用されています。過剰摂取は体調を崩すのでおすすめできませんが、通常の使用であれば問題ないとされている成分です。

 

どうしてもこれらの添加物が気になるという方は他の無添加食品などを探すしかありません。

 

錠剤を固めたり、原料のにおいや味を抑えるという効果もありますので一概に添加物が悪いとも言いにくいと思います。特に副作用の心配があるような危険な成分ではありませんので気にならない方は普通に飲んでもらっていいでしょう。

 

外国製のサプリであれば、日本で認可されていない添加物が含まれている可能性ももちろんありますが、ベジママにはそのようなものは含まれていません。

 

ベジママは比較的安全性の高いものと考えて問題ないでしょう。もしも体質に合わない場合は返金保証で返金してもらいましょう。

 

ベジママには、無期限全額返金保証の特典がありますので、有効活用する価値あります♪

 

ベジママを確実に最安値で購入する方法って?

ベジママの販売店は

  • 公式サイト
  • Amazon

の2店舗です。

 

以前は、公式サイトのみだったのですが、Amazonでも取り扱うようになったんですね。

 

ベジママの購入方法には、「単品購入」と「定期購入」の2種類あります。
以下を見て頂くとわかるのですが、圧倒的に「定期購入」がおすすめです!

  単品購入 定期購入

公式サイト

取り扱いなし

初回:2,750円
(送料無料、50%OFF)
※全額返金保証

 

 

2回目以降:4,680円
(送料無料、15%OFF)

Amazon

5,123円(送料無料)

取り扱いなし

 

Amazonでは単品購入しかできませんし、定価よりは少し安いですが、公式サイトの定期購入と比べるとかなり高く感じます(価格は変動する可能性があります)。

 

反対に、公式サイトでは定期購入でしか購入できませんが、初回は半額で2回目以降も15%OFFで購入できますので、圧倒的にお得ですよね。

 

しかも、ベジママの定期購入は、何ヶ月は継続しないとダメですよという制限がありません。1回購入して2回目からはやめるということもできるのです。

 

すごく良心的ですよね!

 

ということで、ベジママを確実に最安値で購入する方法は、公式サイトで定期購入するという方法です!

 

ベジママの公式サイトはこちら

 

 

ベジママにはデメリットってあるの?

ベジママの良いところや、妊娠中期からはおすすめしないこと等をお伝えしてきましたが、ベジママにはデメリットはあるのでしょうか?

 

デメリットと感じるかどうかには個人差がありますので、絶対にこれがデメリットとは言えないのですが、デメリットになる場合があるかなと思う点についてご紹介しますね。

  • 「鉄分」「カルシウム」が配合されていない
  • 無添加ではない
  • 公式サイトでは定期購入しかできない

 

先ほど説明した内容と被る部分もありますが、簡単に解説しますね♪

 

「鉄分」「カルシウム」が配合されていない

これは先ほど説明した通り、ベジママは妊活から妊娠初期に適したサプリメントです。この時期に必要な「鉄分」「カルシウム」の1日の必要量は、通常の人とほとんど同じ量です。
「鉄分」と「カルシウム」は、普段の食事から摂りやすい栄養素ですので、葉酸サプリメントに「鉄分」「カルシウム」が配合されていると、1日の必要量を大幅に超えてしまいます。

 

そのため、ベジママは妊活から妊娠初期に特化した成分を配合することにしたんだと思います。

 

ということで、デメリットというより、妊娠中期には「ベジママ」はおすすめしませんということですね。

 

無添加ではない

葉酸サプリでは、無添加を売りにしている商品もありますが、ベジママは無添加ではありませんので、無添加にこだわる人からするとデメリットと感じると思います。

 

ただ、無添加ではありませんが、ベジママは素材作りから製造工程まで一貫した安全管理を行っています。検査機関に「放射性検査」「残留農薬検査」を実施して「検出なし」という結果を得ています。

 

ですから、品質については特に気にする必要はありません。

 

こんな感じで、公式サイトにも検査結果をしっかり公表していますので安心ですね。

ベジママ,妊娠初期,おすすめ ベジママ,妊娠初期,おすすめ

 

公式サイトでは定期購入しかできない

先ほども説明した通り、ベジママは断然公式サイトで購入した方がお得なのですが、定期購入しか購入できません。ただ、定期購入とはいって1回でやめることができますので、実質単品購入と変わりませんよね?

 

ただ、1点だけデメリットとすれば、もしベジママを1個だけ購入したい場合、定期購入を解除する電話をしなければいけません。

 

これがちょっと面倒かなというぐらいで、デメリットというほどではないですよね?

 

ベジママを実際に体験してみた!

ということで、ベジママにはそれほど大きなデメリットはないことがわかって頂けたかと思います。

 

実際に私自信も「ベジママ」を飲んだおかげか授かることができました。

 

実際に「ベジママ」を購入するところから飲むところまでの体験レビューを書きましたので、興味がある方は参考にして頂けると嬉しいです♪

 

私のベジママ体験レビューはこちら♪

ベジママ,妊娠初期,おすすめ ベジママ,妊娠初期,おすすめ